【2018年】これから空撮を始めたい!ドローンを購入する方へ、オススメのドローンを紹介します!

ドローンに興味があって、近々空撮用のドローンを買ってみようと検討している方向けの記事です。

現在ドローンの販売シェアは中国のDJI社というメーカーが世界シェア7割近くとなっています。

一般ユーザーから産業向けまで幅広いラインナップがあり、近年ドローンを爆発的に普及させたPhantomシリーズが有名で、新しく購入する場合はDJI社を購入しておけば間違いないというのが現状です。

機体の性能もさることながら購入後のアフターサポートも充実していて墜落して壊してしまった場合もサポートがないから捨てるしかないということはなくメーカーで修理してもらうことが出来ます。また使用ユーザーも多いのでネットで調べると情報も多いのが特徴です。

この記事では初心者の方が空撮可能なドローンを価格の安い順でリストアップしていますので是非参考にしてみてください。

ドローンの他に必要なアイテムとしては、スマートフォンまたはタブレット端末が必要になります。
Apple系のiPhoneやAndroid系端末に「DJI GO 4」アプリをインストールすることでリアルタイムでカメラ映像を確認し、飛行・着陸の命令やカメラの設定などをすることが出来ます。
「DJI GO 4」アプリはiPhoneでは特に問題はありませんが、Android系端末の場合は稀にアプリと端末の相性が悪いと不可解な動作をすることもありますのでiPhone端末がオススメです。

それでは価格の安い順でDJI社の商品を紹介します。

1)DJI Spark

持ち運びとしては最強の空撮ドローンです。価格は54,800円です。
通常ドローンを飛ばすにはドローン本体とは別に送信機が必要ですが、スマートフォンでドローンを操作することも出来ます。機体の大きさは手のひらサイズで重量は300gです。
カメラは1/2.3インチCMOSセンサー、有効画素数: 1200万画素のカメラで静止画・動画の撮影が可能です。後述するDJI Mavic シリーズよりも小型ですがビジョンセンサーがついているので屋内でも安定した飛行が可能です。

ただカメラ性能は後述する機体よりも少し劣りはしますが、スマホ程度のカメラ性能で手軽にサクッと撮影したいという方にはうってつけの商品です。

DJI Sparkの購入はSKYROOT
画像をクリックするとドローンショップへ移動します


 

2)DJI Mavic シリーズ

「Mavic Air」, 今後発売が噂されている「Mavic Pro 2」など前述の「Spark」より一回り大きいですが、後述するPhantom4シリーズと比べると格段に持ち運びがしやすく、Sparkよりもカメラ性能が良い機体です。Mavic Airの価格は104,000円です。
740gで4Kカメラを搭載しているため小型でかつ性能の良いカメラとなるとMavicシリーズを選択することになります。

例えばちょっとしたバッグに入れてさっと4K空撮したいというシチュエーションが多い人はMavicシリーズがオススメです。

画質についてはセンサーサイズが2/3で画素数が約1300万画素とPhantom4 Pro V2.0に比べ一段レベルは落ちることになりますがカメラ性能自体は非常に優れていますので映像についてはプロでない限りは特段問題ないレベルです。

追加のバッテリーを含めておおよそ14、5万程度で購入が出来ます。

DJI Mavic Air Fly More Combo(マビック エアーフライ モア コンボ) 初心者空撮セット
画像をクリックするとドローンショップへ移動します


3)DJI Phantom4 Pro V2.0

DJI Phantomシリーズでドローンを一気に普及させたシリーズの最新作です。
空撮のスタンダード商品と言っても過言ではありません。

V2.0となっているのはVersion2のことで、DJI Phantom4 Proが前進で発売されていたものから改善され現在はV2.0が最新の機体です。

V2.0はプロペラが改善され、プロペラ音の軽減、飛行時間の延長が可能となりました。また動画伝送方式も改善され、動画の遅延などが発生しにくくなっています。カメラは4K/60fps での撮影が可能で、実際テレビやプロモーションビデオ等にも使われることが多い機体です。

サイズは約1.5kgと比較的大きい部類に入りますが、本格的に空撮を楽しみたい方は価格は約20万4千円で予備のバッテリーも合わせるとおおよそ25万円程になります。
セット内にバッテリー1本が付きますが、バッテリー1本では遠出して十分な撮影ができないので
3本は持っていたいところです。他に車用充電器やNDフィルターなどのオプションが用意されています。

Phantom 4 Pro V2.0 (ファントム 4プロ V2.0) 初心者 空撮セット
画像をクリックするとドローンショップへ移動します


4)DJI Inspire2

DJI Phantom4 Pro V2.0に比べ、よりプロフェッショナル向けの製品がDJI社のインスパイア2です。
カメラもX4S, X5S, X7と取り外し可能です。
Inspire2 を購入するならX5SかX7がおすすめです。

DJI Phantom4 Pro V2.0はカメラセンサーが1インチですがX5SのセンサーサイズはマイクロフォーサーズでCMやドラマ、映画にも利用されていたりします。

ライセンスを購入することで最大5.2kの撮影が可能です。5.2kの撮影にはSSDカードが必要になり、SSDカードは少々値段がはります。X5Sのライセンス付きでおおよそ80万でバッテリーやレンズを揃えると
90万程度の金額になりますのでお財布に余裕のある方は検討してみてもよいかと思います。

操作性はDJI Phantom4 Pro V2.0と操作は基本的には同じですが
機体が大きく重いためPhantomシリーズに比べると操作感もやや重たさを感じます。
初心者の方も広い場所で飛行させるぶんには安心して飛ばすことが出来ます。

Inspire2(インスパイア2 CinemaDNG & ProResライセンス付き) + Zenmuse X5Sセット
画像をクリックするとドローンショップへ移動します


まとめ

空撮をしたい人はカメラの性能を気にしてしまうところです。
価格が安いからSparkを購入というならもう少し頑張って最初からMavic, Phantomシリーズを購入してしまった方がよいかもしれません。
お金に余裕がある方はPhantom, Inspire2シリーズ!
持ち運びのしやすさならSpark, Mavicシリーズ!

ドローンに関する質問を投稿しませんか?